シカクリームとは?成分と効果を解説します

シカクリームとは

数年前から韓国で大人気の「シカクリーム」とは、薬草「センテラ・アジアチカ(Centella asiatica)」配合の塗るクリームです。

シカケア(CICA-CEAR)とは元々、手術の傷跡を修復するための貼るシート(キズパワーパッド的なもの)だったのですが、それのクリームがシカクリームと言われます。

「再生」「肌修復」「回復」クリームと言われ、ロレアルからは「ラ ロッシュ ポゼ シカプラスト バーム」が、シカクリームの流行っている韓国のコスメブランドイニスフリーやドクタージャルトから「ビジャシカバーム」「シカペアクリーム」などが発売されています。

そもそもシカクリームって何!?という方のために成分や効果などについて解説していきますね。

シカクリームの成分は?

シカクリームは一般的に以下の成分が含まれるものを指します。

  • マデカソサイド(Madecassic acid)
  • ツボクサ抽出物
  • センテラアシアティカ

実はこれらは元をたどると同じものだったりします。

センテラアシアティカとマデカソサイド

センテラアシアティカはツボクサの学術名で、マデカソサイドはツボクサ抽出物から生成した成分です。これらの成分のどれかを配合するメーカーもあれば、抽出方法や合成する成分を変えて独自の成分を開発するメーカーもあります。

シカクリームというネーミングは「Centella asiatica」に由来すると言われています。

ツボクサ

ツボクサは、インドやアフリカでは古くから火傷の治療に用いられていたり、アユールヴェーダでは若返りのハーブとして使われていたりします。

ラオスの密林に住む虎がツボクサに包まり傷を癒していたという逸話から、호랑이풀(ホランイプル=虎の草)として韓国では有名な話となっています。

和名の坪草(ツボクサ)は坪=庭を意味していて、庭や道端に生えているということから命名されてるんだそうです。なので実はそんなに貴重...というわけでもないんですね。

シカクリームから期待できる効果

ツボクサには傷の治癒効果があると言われているので、シカクリームは再生クリームのイメージが強く持たれています。

さすがに再生というのは言い過ぎで、実際は、荒れた肌を鎮静させるというニュアンスで使われています。

抗酸化や抗炎症力に優れていて、韓国ではニキビ用の化粧品で使われていることが多い印象ですね。

instagramの口コミを見ていると、「ニキビに効いた」というような評判を多く目にします。

口コミを見ていると、以下のような評判もありました。

  • シワが治る
  • シミの美白
  • ニキビ跡の改善
  • 傷跡を薄くする
  • 妊娠を薄くする
  • 肌の傷を薄くする

シカクリームは「肌のターンオーバーを促進」させる事で、傷跡を薄くしたり皮膚の炎症を押させてくれる効果があるようです。

シカクリームの解説をyoutubeで見てみる?

化粧品成分上級スペシャリストで7年ほど化粧品の研究開発を行っている方が
youtubeでシカクリームの解説を行ってくださっていますので参考に乗せておきますね。

7分強の動画となり少し長いですが、結構勉強になりましたので、
詳しく見てみたいという方はご覧になってみてください。

\日本発シカクリーム化粧品/

ネーヴェクレマについて見る

今だけの期間限定で95%off!!

 

日本発のCICA(シカ)クリーム化粧品
[ネーヴェクレマ]の口コミや効果を
↓↓まとめてみました↓↓

no image
ネーヴェクレマの口コミや効果は?美白クリームとしての評価は高いの?

韓国コスメで人気のウユクリームが日本製として登場しました! その名も"ネーヴェクレマ" ここでは、インスタやyoutube、アットコスメでその口コミや評判、その効果を調べてみました。 現在、限定キャン ...

続きを見る

Copyright© ネーヴェクレマの口コミや効果は?美白クリームとしての評価は高いの? , 2020 All Rights Reserved.